セラミド化粧品は、どれがいい?

*

『セラミド』って知ってるー?


57eefa12885e9f203abcf30cf920e80c_s


化粧水などに含まれる「セラミド」って知ってますか?お肌に良いことは知っていても、どんな働きをしているのかは、意外と知られていないかも。

セラミドは、お肌を構成する細胞間脂質の一つの成分です。「細胞間脂質って何?」と思われた方も多いことでしょう。

お肌の細胞は、若い人では28日周期、年を取るごとに長くかかるようになっていくお肌のターンオーバーのおかげで、生まれ変わっています。お肌の深い所で新しい細胞が出来上がり、日々上へ上へと上がっていき、最終的には核が抜けてお肌の細胞は死滅します。

この、お肌細胞から核が抜けるときに、細胞間脂質が分泌されます。細胞と細胞の間を、セメントのように結びつける役割をはたしていながら、細胞間脂質間では水分を溜め込んでいて、お肌の水分による潤いとキメの整い方に影響を及ぼしているのが、細胞間脂質。

その細胞間脂質の主成分の一つがセラミドなのです。細胞のターンオーバーは、細胞個々でプログラミングされた細胞の死ですが、これに関係しているのもセラミドといわれています。


セラミドの効果を知る

お肌表面が死んだお肌細胞で覆われていることで、その下にある、核を持った生きた細胞を刺激などから守っているのです。また、細胞間脂質間に水分の層をつくっていますが、細胞間脂質の脂部分で水分と交わらない部分が、水分の漏出を防いでいてくれます。

セラミドは年を経るごとに、作られる量が減ってきます。お肌のターンオーバー周期も長くなるので、刺激などによってお肌の死んだ細胞が剥がれ、お肌の深い部分が刺激を受けるようになってしまいます。

こうなると、お肌の水分が抜けやすくなってしまいますので、外から水分とセラミドを補い、お肌の潤いを保つ必要がでてくるのです。


セラミドの補い方

お肌のバリア機能に直結するといわれるセラミド。お肌の細胞と細胞の間を埋めていて、水分を抱え込み、お肌をばい菌や紫外線から守ってくれるセラミド。お肌の保湿に直結、その潤いを保ってくれるセラミド。

いったいどうしたら、セラミドをお肌に取り込むことができるのでしょうか?一つは、お肌の外側から。もう一つは、お肌の内側から取り入れる方法があります。


セラミドを効果的に取り入れるには?

お肌の外側から取り入れる方法、それは基礎化粧による方法です。最近では、セラミドを配合した化粧水や乳液、クリームなどを多く見かけるようになりました。

皮膚表面から与えるセラミドは、皮膚の内部にまでは浸透していきません。皮膚表面に留まって、保湿としての効果を示してくれます。

お肌の内側からセラミドを補う方法、それはサプリメントや食品です。セラミドを多く含む食品として有名なのは、「こんにゃく」です。米や小麦、大豆にもセラミドは含まれていますが、こんにゃくに含まれるセラミドはそれらとは比べ物にならないほど多いのだそうです。

また、サプリメントからセラミドをとる方法もあります。最近では、インターネットなどでもセラミドサプリメントを購入できるようになりました。ぜひ、試してみてください。

ただ、セラミドは摂取するだけで、すぐにお肌に効果を与えるものという訳でもありません。成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイムといわれる夜10時から午前2時の間の睡眠をとることで、お肌の代謝が活発となり、セラミドが定着しやすくなるのです。


db2a00005d4027f546b8df61b2839601_s




記事